メガチップスの特長メガチップスの特長

目指すはIoT市場!メガチップスは、急成長するIoT市場をターゲットに、アナログ/デジタル/MEMS技術を融合したトータルソリューションを提供するグローバルファブレス企業です。
目指すはIoT市場! メガチップスは、急成長するIoT市場をターゲットに、アナログ/デジタル/MEMS技術を融合したトータルソリューションを提供するグローバルファブレス企業です。

メガチップスのビジネスモデル

IoT(Internet of Things)とは、情報・通信機器をはじめ、日用品、家電、クルマなど、世の中のさまざまな”モノ”をネットワークにつなぎ、相互に通信・制御する仕組みや技術のことを指します。
この急速に成長している市場をターゲットに、メガチップスは以下の4つの強みで展開しています。

特長1 ファブレス経営

経営資源を研究開発・応用技術に特化・集中。独創的な技術を創出し、差別化を実現しています。経営資源を研究開発・応用技術に特化・集中。独創的な技術を創出し、差別化を実現しています。世界ファブレス企業ランキング、日本企業として唯一連続ランクイン

メガチップスは、1990年に日本初のファブレスLSIメーカーとして創業し、数々の世界初、業界初を生み出してきました。経営資源を先端の独自技術とLSI化ソリューション開発に集中し、アプリケーションのニーズに応える独創的な技術・製品をタイムリーに投入することで、国内外の顧客から高い評価を獲得しています。
日本一のファブレスメーカーとしての経験の蓄積により高信頼性生産やフレキシブルな生産体制を構築しています。

メガチップスのビジネスモデル

メガチップスのビジネスモデル


一貫したサポート体制で、お客様の幅広いニーズに対応一貫したサポート体制で、お客様の幅広いニーズに対応

メガチップスは、LSIの開発から生産(生産管理、品質管理)、供給に至るまで、生産過程におけるノウハウを蓄積しています。こうした特長を活かし、顧客製品の企画・開発段階から参画し、機能や品質、コストなど、さまざまな課題解決に貢献しています。LSIの特徴・機能に合わせて、国内外の最適な設備や生産技術をフレキシブルに選択し、ファウンドリ(生産委託先)との連携による厳格な品質保証体制のもと、高品質な製品供給を実現しています。


メガチップスがサポートする範囲

このページのトップへ

特長2 独創的なASSPラインナップ

アナログ/デジタル/MEMS技術の融合をもとにお客様の課題を解決しています。 アナログ/デジタル/MEMS技術の融合をもとにお客様の課題を解決しています。

メガチップスはアナログ/デジタル/MEMS技術に強みがあり、IP(設計資産)を蓄積しています。
お客さまのさまざまな課題解決に向け、これら得意技術を融合し、豊富な実績を積み重ねてきました。今後も付加価値の高い提案を進めていきます。

独自の技術力

特許

数多くの特許を申請・取得し、IP(設計資産)として蓄積することで差別化を実現し、競争力の厳選としています。

メガチップスが提供・サポートする範囲

Column

アナログ/デジタル/MEMSタイミング技術とは

デジタルとは、大容量データの圧縮が可能、コンピュータで編集・加工が容易、品質が劣化しないといった特長をもちます。これらのメリットから、エレクトロニクス製品のデジタル化が急速に進みました。

このデジタル化されたデータ(信号波形)を高速かつ正常に伝送するために支えているのが、高度なアナログ回路設計技術(高速シリアル伝送技術)です。このように、デジタルとアナログは密接なつながりを持っています。

一方、あらゆるエレクトロニクス機器はいくつもの電子回路が機能して動作しています。
タイミングデバイスは電子機器に必ず組み込まれ、電子回路が連携し、正常に機能するための一定周期の基準信号(クロック信号)を生み出すものです。MEMS(微小電気機械システム)とはこのタイミングデバイス市場において、シリコンを素材に半導体製造の微細加工技術を用いて製造されるものでシェアを拡大しています。

メガチップスは、これら世界有数レベルの技術を競争力に、独創的な製品を生み出しています。

このページのトップへ

特長3 課題解決型ASICサービス

開発から製造・品質保証まで、すべての工程をサポート。幅広い顧客ニーズに対応しています。IoT分野の進化を加速するソリューション展開

パソコンやスマートフォンに加え、ウェアラブル機器や車載機器、医療機器、産業機器など、あらゆるものがネットワークにつながる時代に向け、メガチップスは、IoT時代の機器開発に不可欠なキーとなるLSIを提供していきます。

メガチップスが提供・サポートする範囲

このページのトップへ

特長4 グローバルネットワーク

グローバルな体制で、世界中のお客様へ製品・サポートを提供しています。グローバルな体制で、世界中のマーケットへ製品・サポートを提供しています。

アメリカ、中国、台湾、インドの各拠点において、開発、営業体制の強化を加速しています。こうした体制強化を通じて、世界の有力顧客への提案・サポート力を強化するとともに、グローバル企業としての価値向上と継続的な成長を目指します。

メガチップスのグローバルネットワーク

メガチップスのグローバルネットワーク


Column

M&Aと事業拡張

創業時メガチップスは国内の有力顧客に密着した事業展開を図ってきました。
2013年、海外展開していた半導体メーカー 川崎マイクロエレクトロニクス社との経営統合を契機に、グローバル展開を開始しました。今後大きな成長が期待されるモバイル、ウェアラブルを含むIoT分野に向けた事業展開を目指し、M&Aや自社の研究開発投資を積極的に進めています。
欧米・アジアの有力顧客とのビジネスを拡大するため、海外の開発/営業/生産体制の整備や拡充をはかり、グローバル化を推進しています。

メガチップスのグローバルネットワーク

 

このページのトップへ