メガチップス キーワードBOOK わかりにくいハイテク用語経営用語を解説します

↓わからない用語をクリックすると、ページ内リンクします









アルゴリズム・アーキテクチャ

アルゴリズムとは、問題を解くための一連の手順のこと。技術用語ではコンピューターがデータ処理する際の手順や方式などを定めたプログラム・ロジックをいいます。
一方、アーキテクチャとは、このアルゴリズムを実現するためのハードウェア・ソフトウェアの構成を含めた設計思想を指します。


ウェアラブル機器

ウェアラブルは「身につける」。つまり腕や頭などに装着し、各種情報を記録・送信する端末のことで、腕時計型やリストバンド型、メガネ型などが登場しています。


映像伝送サーバー

インターネットを利用してカメラ映像の配信と音声の双方向通信を実現する機器。かつて、映像を遠隔地へリアルタイムに送るには放送インフラが必要でしたが、この機器を用いることで容易に映像を配信することができます。一般的に、ATMや発電所など、遠隔地での監視、施設管理、顧客サポートなどで用いられています。


ゲームソフトウェア格納用LSI(カスタムメモリー)

メガチップスが提供する「ゲームソフトウェア格納用LSI(カスタムメモリー)」とは、ゲーム機用のソフトウェアカートリッジに内蔵されているメモリー製品のことで、ゲームプログラムの情報の記憶に使われています。

「ニンテンドー3DS」は、任天堂株式会社の登録商標です。


コーポレート・ガバナンス

「企業統治」と訳され、経営上の意思決定の仕組み、経営者に規律を与え監督・監視する仕組みをいいます。企業は健全で透明な経営が求められます。メガチップスでは業務執行の状況を取締役会が監督するとともに、意思決定・監督と業務執行の責任分担を明確にするための執行役員制度や社外取締役・社外監査役の招聘、内部監査体制の充実、IR活動による適時適切な情報開示を通じて、経営の透明化を図っています。


システムLSI

これまでに多数のLSIを使用して構成されていたシステムを、1つのLSIに集積したもの。「システム・オン・チップ」とも呼ばれ、単機能を実現するLSIに対して、様々な機能を1つのLSIで実現する多機能なLSIとして注目されています。


システム製品

メガチップスが提供する「システム製品」とは、当社独自のシステムLSIを搭載し、映像・音声・通信分野の技術を駆使して開発した機器のことを指します。映像記録機器、映像伝送サーバー、IPカメラなど、画像圧縮や通信関連の技術力をベースにしたシステム製品を開発・提供しています。


デジタルビデオレコーダー

監視カメラの映像を記録する装置の一種。従来のレコーダーがアナログ形式でテープに映像を記録していたのに対し、デジタルビデオレコーダーは、デジタル形式でハードディスクやフラッシュメモリーなどに映像を記録します。メガチップスでは、「映像伝送サーバー」の機能も備えた、業務用デジタルビデオレコーダーを提供しており、店舗、マンション、ATMなど、複数のカメラで撮影された監視映像の記録・配信・再生を実現しています。

デジタルビデオレコーダー



ファブレス

ファブレス(fabless)とは工場を持たないビジネスモデルを指します。製造を外部に委託することで、製品企画、研究開発、営業活動に特化することができ、製品をタイムリーに市場へ投入することができます。


無線LAN

LAN(Local Area Network)は、日本語では「構内通信網」と訳され、無線LANは無線通信でデータの送受信をするLANのことです。



ロボティクス

センサー、人工知能(AI)など、ロボットに関する技術研究のこと。将来的な労働力不足が予想される中で、各分野へのロボット導入は不可欠とされており、市場拡大が見込まれています。



アルファベット

ASIC・ASSP

顧客の用途に合わせて開発されたオーダーメイドのLSIを「ASIC(顧客専用LSI)」といいます。一方、特定の用途に特化し、複数の顧客に提供する自社ブランドの標準LSIを「ASSP(特定用途向けLSI)」といいます。


CSR(企業の社会的責任)

CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)とは企業を取り巻く投資家、顧客、従業員、取引先、地域、環境、社会など多様な利害関係者(ステークホルダー)に対する社会的責任を果たすことを意味します。
メガチップスは、法規制、社会的規範の遵守、優れた製品・サービスの提供、利益の確保と納税、株主の利益確保はもとより、情報開示、環境配慮、社員教育の充実、労働環境の改善、社会活動の貢献などの責任を果たしてまいります。


DisplayPort(Smart Connectivity LSI)

DisplayPortは、パソコンやモバイル機器とディスプレイ装置などの機器間や機器の内部において、大容量の映像・音声データをディスプレイに伝送できる映像出力インターフェイスの規格として、米国の規格標準化団体であるVESAによって策定されました。このDisplayPortは、多用途性、拡張性、広帯域A/Vデータ伝送など、これまでにない映像伝送の機能を実現しており、機器のデザインや接続をシンプルにする画期的なインターフェイスとして普及が見込まれています。
メガチップスはこの市場において、メガチップス独自の技術により市場のニーズに対応した多種多様なDisplayPort製品を、タブレットやスマートフォン、ゲーム機、モニタといった様々な機器向けに提供しています。新しいUSB規格として普及が進んでいる「USB Type-C」コネクタに対応した製品の提供も開始し、ビジネスを推進しています。


FA(Factory Automation)

工場における作業・工程を機器やシステムを用いて自動化すること。生産性向上、品質の均一化、機器故障やライン停止の未然防止などのメリットがあります。


IoT(Internet of Things)

情報・通信機器をはじめ、日用品、家電、クルマなど、世の中のさまざまな”モノ”をネットワークにつなぎ、相互に通信・制御する仕組みや技術のことを指します。


IP(Intellectual Property)

IP(Intellectual Property)とは、LSIの設計資産を意味します。具体的には、システムLSIを構成する機能回路やその上で動く組み込みソフトウェアを指し、これらが様々な電子機器の性能・機能を実現しています。
メガチップスでは、IPの国内外での権利化をすすめるとともに、その戦略的活用を視野にいれたビジネスを展開しています。


ISO9001

常にお客様のニーズに応えるために製品化までのプロセスの継続的な改善を目的に定められた、品質マネジメントシステムの国際標準規格です。メガチップスは2006年3月に認証取得しています


ISO14001

環境に及ぼす影響を最小限にくい止めることを目的に定められた環境マネジメントシステムの国際標準規格です。
メガチップスは2004年2月に認証取得しています。


LSI

特定の複雑な機能を果たすために、多数の素子を1つにまとめた電子部品である「半導体集積回路( I C:integrated Circuit)」の一種。LSIとはLarge Scale Integration(大規模集積回路)の略で、ICよりさらに素子の集積度を高くしたものを指しますが、現在では単に半導体集積回路一般を指す言葉として使われています。


MEMSタイミングデバイス

あらゆる電子機器はいくつもの電子回路が機能して動作しています。タイミングデバイスは電子機器に必ず組み込まれ、電子回路が連携し、正常に機能するための一定周期の基準信号(クロック信号)を生み出しています。
メガチップスはこのタイミングデバイス市場において、シリコンを素材に、半導体製造の微細加工技術を用いて製造されるMEMS(微小電気機械システム)をコア部品としたタイミングデバイスを、モバイル・ウェアラブル機器、車載機器、通信・ストレージ機器など様々な機器向けに提供し、これまでの水晶を素材とした製品を凌駕するその性能でシェアの拡大に取り組んでいます。