用語集(メガチップスキーワード)

↓わからない用語をクリックすると、ページ内リンクします

ア行

アルゴリズム・アーキテクチャ

カ行

ゲームソフトウェア格納用LSI(カスタムメモリー)
コーポレート・ガバナンス
「企業統治」と訳され、経営上の意思決定の仕組み、経営者に規律を与え監督・監視する仕組みをいいます。企業は健全で透明な経営が求められます。メガチップスでは業務執行の状況を取締役会が監督するとともに、意思決定・監督と業務執行の責任分担を明確にするための執行役員制度や社外取締役・社外監査役の招聘、内部監査体制の充実、IR活動による適時適切な情報開示を通じて、経営の透明化を図っています。

サ行

システムLSI (SoC)
車載LSI
車社会の環境調和と安全・快適性に向け、外部との通信機能を搭載したコネク テッドカーや電気自動車の実用化など、自動車のエレクトロニクス化(電子化) が急速に進んでいます。
この進化に伴って、自動車に搭載されるLSIの量も急速に増加し、 かつ高い安全 性、機能性も強く求められています。
メガチップスは、日本企業として初めてとなる車載EthernetPHYデバイス(LSI) を開発 しました。 また次世代車載ネットワーク向け製品のラインナップを拡充 させています。

ハ行

ファブレス

無線LAN

ラ行

ロボティクス

アルファベット

ASIC・ASSP
CSR(企業の社会的責任)
CSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)とは企業を取り巻く投資家、顧客、従業員、取引先、地域、環境、社会など多様な利害関係者(ステークホルダー)に対する社会的責任を果たすことを意味します。
メガチップスは、法規制、社会的規範の遵守、優れた製品・サービスの提供、利益の確保と納税、株主の利益確保はもとより、情報開示、環境配慮、社員教育の充実、労働環境の改善、社会活動の貢献などの責任を果たしてまいります。
Ethernet PHY
Ethernet(イーサネット)とは、ビル内や事務所内にあるパソコン、サーバなど の電子機器同士をケーブルでつないで通信する構内通信網(LAN:Local Area Network)の一つであり、世界中で最も普及している通信規格です。
メガチップスでは、このEthernetをクルマの内部通信に使用する為のPHYデバイ ス(LSI)を開発しており、このデバイスを使用することで、低消費電力かつ高速なネットワーク通信を実現できます。
FA(Factory Automation)
工場における作業・工程を機器やシステムを用いて自動化すること。生産性向上、品質の均一化、機器故障やライン停止の未然防止などのメリットがあります。
IoT(Internet of Things)
情報・通信機器をはじめ、日用品、家電、クルマなど、世の中のさまざまな”モノ”をネットワークにつなぎ、相互に通信・制御する仕組みや技術のことを指します。
IP(Intellectual Property)
IP(Intellectual Property)とは、LSIの設計資産を意味します。具体的には、システムLSIを構成する機能回路やその上で動く組み込みソフトウェアを指し、これらが様々な電子機器の性能・機能を実現しています。
メガチップスでは、IPの国内外での権利化をすすめるとともに、その戦略的活用を視野にいれたビジネスを展開しています。
ISO9001
常にお客様のニーズに応えるために製品化までのプロセスの継続的な改善を目的に定められた、品質マネジメントシステムの国際標準規格です。メガチップスは2006年3月に認証取得しています。
ISO14001
環境に及ぼす影響を最小限にくい止めることを目的に定められた環境マネジメントシステムの国際標準規格です。 メガチップスは2004年2月に認証取得しています。
LSI
特定の複雑な機能を果たすために、多数の素子を1つにまとめた電子部品である「半導体集積回路( I C:integrated Circuit)」の一種。LSIとはLarge Scale Integration(大規模集積回路)の略で、ICよりさらに素子の集積度を高くしたものを指しますが、現在では単に半導体集積回路一般を指す言葉として使われています。
ページトップへ