トップメッセージトップメッセージ

社長写真グローバル企業を目指し、成長するIoT分野を中心にさらなる事業拡大と持続的成長を図っていきます。

代表取締役社長 髙田 明

1990年に日本で初めて「システムLSIのファブレスメーカー」として創業した私たちメガチップスは、研究開発に特化して独自技術を磨くとともに、システムLSIの企画・開発から供給まで、一貫してサポートできる体制づくりに力を注いできました。そして「お客様のビジネスの競争力を高めたい」という思いのもと、アプリケーション、システムの知識とLSIの知識を融合することでお客様/時代のニーズに合う優れたシステムLSIを企画・開発し、お客様の開発パートナーとして課題解決と差別化に尽力して成長してまいりました。

今後、あらゆるモノがネットワークにつながるIoT時代の到来により半導体需要はますます伸長していくものと思われます。我々はこうした動きをさらなる成長の機会と捉え、安定した事業基盤である優良顧客向けASIC 事業と、成長市場で高い競争力を持つASSP 事業を両輪とし、グローバル市場で成長していくことを目指します。

具体的には、ASIC 事業においては、主力分野であるゲーム機器、デジタルカメラ、事務機器分野に加え、新規分野における国内外の有力顧客の開拓に取り組んでいます。新規分野として注力するのは、自動運転や安全支援などのニーズにより高速通信技術が必要とされる「車載分野」と、工程や品質、進行状況などさまざまな情報連携・管理を行って生産性を高めるFA、ロボティクスなどの「産業機器分野」です。当社がこれまで培った高速通信分野の独自のIP(設計資産)、コア技術を核として事業展開を図ります。

ASSP 事業では、IoT 時代の到来により、さらに成長する機器市場の有力グローバル企業に向けたビジネスを立ち上げています。特にMEMSタイミングデバイスおよびSmart Connectivityの両製品を核としてビジネス展開を加速します。

このように、当社はグローバル企業を目指してIoT分野、通信インフラ分野、車載・産業機器分野を中心に新製品の積極的な投入を推進し、さらなる事業拡大と持続的成長を図る考えです。これからも、私たちメガチップスにぜひご期待ください。

2017年6月
代表取締役社長
髙田 明