最新決算報告

発表:2019年5月10日

2019年3月期 期末 (2018年4月1日~2019年3月31日)

  2019年3月期 期末 2018年3月期 期末 対前年同期増減率
売上高 95,145 89,029 +6.9%
のれん等償却前営業利益 3,152 5,520 -42.9%
のれん等償却後営業利益 573 2,709 -78.8%
経常利益 502 2,207 -77.2%
親会社株主に帰属する
当期純利益

-1,727

1,948

-%

決算のポイント

  • ゲームソフトウェア格納用LSI(カスタムメモリ)の需要が増加しました。
  • 企業買収によるのれん及び無形固定資産の償却費が2,579百万円発生したこと、将来に向けた開発投資のため研究開発費が7,843百万円(同25.4%増)となったことに加え、第1四半期においてMEMSタイミングデバイスの一部の特定製品の在庫評価の見直しにより869百万円を売上原価に計上したこと等が利益の押し下げ要因となりました。
  • 事業構造改革の一環として行った経営資源の配分の見直しに伴うものを主として、ソフトウェア等の除却による固定資産除却損を1,527百万円、特別退職金を371百万円それぞれ特別損失に計上しました。


◆補足情報


  • 次回(2020年3月期)の配当予想

  • 当社は、利益配分に関する基本方針に基づき、2020年3月期の剰余金処分による配当を実施する予定です。なお、1株当たりの年間配当金は未定ですが、配当額が決定しましたら、リリースを行い、ホームページでもお知らせします。 また、自己株式の市場からの買付けにつきましては、買付けが決定しましたら、リリースを行い、ホームページでもお知らせします。

このページのトップへ