環境への取り組み

環境マネジメントシステム

メガチップスは、より安全な未来社会を実現するために環境保全を推進することが必要不可欠であると考え、「環境と経営の共生」を実現することで、環境に貢献することを目的に、国際規格ISO14001に準拠した環境マネジメントシステムを構築しています。

    主な環境保全活動
  • 環境影響を考慮し、製品の低消費電力化・小型化などに取り組む「環境配慮、高循環型製品づくり」
  • 当社独自のグリーン調達ガイドラインに基づく「環境負荷化学物質の削減・グリーン調達」
  • 事業所内での省エネルギー・省資源に取り組む「エコオフィス活動の推進」
  • コンプライアンスとしての「紛争鉱物に対する規制の順守」および「法令、その他要求事項の順守」

ISO14001認証を取得

ISO14001認証

ISO14001は、企業活動が環境に及ぼす影響を最小限にくいとめることを目的に定められた環境マネジメントシステムの国際標準規格です。当社は、ISO14001に基づく環境マネジメント体制を構築し、地球環境負荷の低減に継続的に取り組んでいます。

環境配慮型製品

当社は、「革新」により社業の発展を図り「信頼」により顧客との共存を維持し「創造」により社会に貢献し続けることを理念として成長してきました。この経営理念のもと、独自の技術力で低消費電力化、小型化、高速処理化といったLSIの機能・性能および品質の向上に取り組み、省エネルギー・省資源化を実現するソリューションを提供することで、お客様とともに発展・成長し、地球環境の保全に貢献していきます。

環境配慮型製品の開発による主な環境負荷削減

環境配慮型製品の開発による主な環境負荷削減

製品事例

例1. 低消費電力のASIC設計

環境への配慮が重要視される現在はASIC (Application Specific Integrated Circuit) 開発における低消費電力の追求が欠かせません。メガチップスはファブレスの強みを活かし、世界中のウエハ製造ベンダーが提供する「低消費電力向け製造プロセス」と、IPベンダーが提供する「低消費電力向け特殊ライブラリ」を意欲的に採用することでASICの大幅な消費電力削減を達成しています。直近の具体的な事例では、CMOSトランジスタの動作電圧をダイナミックにコントロールする技術の適用により、それらを採用しなかった場合に比べて50%を超える消費電力の削減を達成しています。
これらのASICは産業機器、通信機器、IoTデバイスなどの幅広いアプリケーションにおいて使用され、環境に配慮しつつ人々の暮らしをサポートすることに貢献します。

例2. 高速PLC通信による再生可能エネルギー利用への寄与

PLC(Power line Communication)とは、電力線を通信線としても使用する技術です。当社の高速PLC通信向けLSIは太陽光パネルや風力発電システムにも採用され、再生可能エネルギーの利用拡大に貢献しています。また、電力の需給バランスを安定させるシステムへの適用も進んでいます。

1) 太陽光パネルの通信部分への採用例(量産中)

  太陽光パネルの通信部分への採用例(量産中)

2) 風力発電システムの通信部分への採用例(試作評価中)

風力発電システムの通信部分への採用例(試作評価中)
ページトップへ