オープンイノベーション

現在、次世代の産業を生むエコシステムとして「オープンイノベーション」が注目を集めています。オープンイノベーションとは、目標を達成するために外部の知識やノウハウを積極的に活用し、内部のイノベーション創出を加速させていくことです。現在、新たな価値創造を追求する手段として、多くの企業でこの「オープンイノベーション」が取り入れられています。
メガチップスでも中長期における持続的成長に向け、米国を中心に最先端の技術やアイデアを持つ企業および大学との協業を通して新規事業の立ち上げを進めています。

 
  • エコシステム=「ecosystem(生態系)」
    同じ領域に生息する生物が、互いに依存しながら生きているという生態系を示す英単語。転じて、ビジネス用語としても使われ、企業が商品開発や事業活動などでパートナーシップを組み、互いの技術や資本を活かしながら、業界の枠や国境を超えて広く共存共栄していく仕組みを指す。

サンタクララ大学との共同プロジェクト

プロジェクト発足の背景

これまで産業用ロボットが活用される場面は、主に生産現場の自動化に限られていました。そこでロボットに求められていたのは、あらかじめ決められた動作をいかに高精度かつ高速で実行できるか、ということでした。しかしこれからは、物流、農業、食品、医療・介護など、自動化が難しかった様々な現場や場面でロボットが活用される時代の到来が予想されます。当社はこれを自社の成長を加速させる絶好の機会と捉え、新たな事業領域の一つとして「ロボティクス」を加えました。このロボティクス事業を成功に導くためには、他社の一歩先を行く製品を生み出すための最先端技術や優れたノウハウが必要となります。
当社はこうした技術やノウハウを獲得するため、米国ビジネスアドバイザーを通じ、ITの先端技術習得に力を入れています。2019年には、特にロボティクス分野の専門性が高いサンタクララ大学の研究所「SCU Robotic Systems Laboratory」(以下SCU)と提携関係を結び、ロボティクス分野における共同プロジェクトを発足させました。

  • SCU Robotic Systems Lab
    SCU Robotic Systems Lab
  • キャンパス内
    キャンパス内

現在開発中のプロジェクト(技術)について

これからのロボットには、周囲の環境・状況に応じて柔軟かつ正確に動作する能力が求められます。様々なセンサーを通じて得られた情報から周囲の環境・状況を的確に認知してどのように動作するかを判断し、そして判断通りの動作を行うためモーターなどの駆動部品を正確に制御することが必要です。
こうした一連の技術領域において、2020年1月から企画コンセプトの策定作業がスタートし、12月には本格的にプロジェクトが発足しました。2021年からは、概念検証(Proof of Concept)のための試作機の開発およびお客様への提案活動を実施しています。同大学教授による当社社員に向けた個別講座の実施、サポートを受けた試作機の開発など、当社とSCUが密接に連携しながらプロジェクトを進めています。

SCUでの実験風景

SCUでの実験風景

今後の展望

サンタクララ大学とのオープンイノベーションは、当社にとって非常に大きな意義のある取り組みであると考えています。引き続き共同プロジェクトを継続し、人とロボットが共に働き、共に生活できる持続可能な社会の実現に向け、社会から必要とされる製品の開発を進めていきます。
さらに、当社がターゲットとする分野での新規事業の立ち上げを推進していくため、米国を中心として、最先端の技術やアイデアを持つスタートアップ企業との戦略的提携や事業投資にも力を入れています。2021年には、連結子会社MegaChips LSI USA Corporationが出資して、コーポレートベンチャーキャピタルファンド(CVC)を設立しました。今後、ロボティクス分野に限らず、市場拡大が見込まれる車載分野、産業機器分野、通信インフラ分野でもオープンイノベーションを進め、戦略的に新ビジネスの創出と成長を図っていきます。

新たな発見や発想を得られる刺激的な機会になっています

SCUには、コンセプトの発案段階から親身にサポートしていただいています。サポートは、技術面のみならず、応用検討の際のアイデア出しやお客様にプレゼンする際の具体的なアドバイスなど、ビジネスの立ち上げに関わる幅広い領域に及びます。この共同プロジェクトは、当社の参加メンバーにとって、新たな発見や発想を得られる、とても刺激的な機会になっています。

プロジェクトリーダー 安井 基晃

プロジェクトリーダー 安井 基晃

サンタクララ大学

1851年カリフォルニア州で最初に創立された四学期制の私立大学。世界のIT企業の拠点でもあるシリコンバレーの中心部に位置し、敬虔なローマカトリック教育の伝統も残しながらも時代に即したビジネスや工学などの実践的な分野にも力を入れています。

サンタクララ大学
ページトップへ