テクノロジー

ミックスドシグナル技術(デジタル・アナログ混載)

モバイルコミュニケーション、ネットワーキング、車載、FA、ロボティクス、医療など、さまざまな分野で利用される電子機器には、高機能化だけでなく小型・低消費電力化も求められます。そうしたなかで重要性を増しているのが、デジタル回路とアナログ回路を混載するミックスドシグナル技術です。
高集積化の進展とともに複雑度を増すミックスドシグナルSoC設計には、ノイズ対策、信号品質、熱対策、PKG設計、PCB設計に対する知識と技術が必要不可欠です。メガチップスは、デジタル・アナログとも豊富な経験に基づく幅広い知見を蓄積しており、それらを駆使したミックスドシグナルソリューションを提供しています。

メガチップスの高速通信技術

メガチップスは、PON(Passive Optical Network)向けSerDes、ディスプレイ用Timing Controller向けV-by-One、eDP(embedded DisplayPort)といった高速シリアルインターフェース、さらにはホームネットワーク、アクセスネットワーク向けAFE(Analog Front End)といった高速通信分野を強みとして、ミックスドシグナルSoC ASIC、ASSP製品を開発しています。

高速シリアルインターフェース

メガチップスは、高速シリアルインターフェースの分野で15年以上の経験を持ち、現在も研鑽を続けています。その間に蓄積してきたバーストモードCDR(Clock Data Recovery)SerDes技術は、幅広いPONスタンダードに対して柔軟に対応することが可能であり、国内外で幅広く使用されています。また、マルチプロトコル対応の高速SerDesもサポートしており、さまざまな高速シリアルインターフェースに対応可能です。

特徴

  • 超高速バースト・データ・ロックCDR
  • フレキシブルなレーン構成
  • マルチプロトコル対応

対応スタンダード例

  • 10G-EPON/XGPON: 1Gbps~10.3125Gbps
  • マルチプロトコル(PCI-Express Gen1-4, SATA1-3, JESD204B, etc.)
  • V-by-One: 1.62Gbps~4.0Gbps
  • eDP: 1.62Gbps~5.4Gbps
SerDes ロードマップ
SerDes ロードマップ

AFE(Analog Front End)

高性能・低価格を追求して開発されたメガチップスのAFE IPには、高性能 ADC、DAC、PGA(Programmable Gain Amplifier)、IAMP(Current Amplifier)、PLL、フィルターが実装されています。そのため、ASIC SoCはもちろん高性能汎用AFEチップにも適用可能です。過去10年間で 5,000万個超の高性能AFE 製品の出荷実績を持つメガチップスのテクノロジーは数多くの高速通信製品の中核を担っており、世界中のお客様から評価いただいています。

特徴

  • 12bits 200Msps~1200Msps ADC
  • 12bits 200Msps~1200Msps DAC
  • 低ノイズPGA: ゲインレンジ-12dB~+48dB
  • 低ジッタPLL

対応スタンダード例

  • G.hn ITU-T Recommendation G.9960
  • G.hn-mimo ITU-T Recommendation G.9963
  • G.fast ITU-T Recommendation G.9700
  • HomePNA3.1 ITU-T Recommendation G.9954
  • HD-PLC
High Speed communication AFE ロードマップ
High Speed communication AFE ロードマップ

開発段階・テーマにあわせ、
最適なソリューションを提供します。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
ページトップへ